【4月8日開幕】男子ゴルフ最高峰「マスターズ」の放送予定|松山英樹が10回目の出場 男子プロゴルフ海外メジャー第3戦「マスターズ・トーナメント」がオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(アメリカ合衆国ジョージア州)で現地時間4月8日に開幕。松山英樹(LEXUS)らが、優勝者に与えられるグリーンジャケットの着用を目指す。ここでは試合日程、放送予定を紹介する。 ■マスターズ・トーナメントの日程・放送予定 マスターズ・トーナメントは日本時間4月8日深夜に開幕。ここでは放送予定を日本時間で紹介する。なお、初日から3日目まで、地上波TBS系列~BS-TBS~地上波TBS系列でのリレー生中継で放送される。最終日の生中継は地上波TBS系列のみとなる。 オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを創設したクリフォード・ロバーツと、伝説的ゴルファー“球聖”ボビー・ジョーンズ。アメリカ合衆国出身の2人が1934年から開催した男子ゴルフのトーナメント。1940年からは毎年4月の第1週に行われている。2019年大会ではタイガー・ウッズ(米国)が5度目の優勝を達成。ジャック・ニクラウス(米国)の持つ6回優勝に迫った。 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、11月に開催。ダスティン・ジョンソン(米国)が大会新記録となる通算20アンダーで初優勝した。D・ジョンソンは今回もエントリー。北米男子プロゴルフPGAツアー公式の優勝予想記事(パワーランキング)でも1位に予想されている。日本からは、前回13位の松山がエントリー。今回が10回目のマスターズ参戦となる。 1953年から2期8年にわたって米国を率いたドワイト・アイゼンハワー氏は歴代大統領の中でも屈指のゴルフ愛好家として知られていた。オーガスタナショナルの17番の左サイドにはかつて松の大木があり、ティショットでたびたびぶつけていた大統領は在任中の1956年にクラブに伐採を要求。委員会はこれを拒否したことから、この木は「アイゼンハワーツリー(アイクツリー)」と呼ばれるようになった。 ところが2014年2月の大雪によってアイクツリーは倒れ、その年の春前に伐採されることに。第1打の視界が一気に広がったようで、松山は「僕は木が切られたことがイヤなんです。『あの木の右端を狙えばいい』という目印がなくなってしまった」と言う。 「ティイングエリアでは、すごく広い手前からグリーンにかけてだんだん狭くなっているように見える。フェアウェイに置いたとしても、左サイドは要注意。ラフに近くなると、2打目で左からの木が邪魔になる。ピンがグリーンの右サイドならまだしも、センターや左にあると、直線的には狙えない。右サイドをキープしたいが、個人的には右を狙うと立ちにくい感じがあるんですよね」 第2打は砲台グリーンへの打ち上げになるため、落としどころが見えないが「7、8アイアン」では打てるだけに、きっちりと乗せたいところ。「手前のバンカーは深いけれど、これは“寄せやすい”バンカーでもある」。ピンと逆サイドへのショットはカップから傾斜で離れて行ってしまうが、特に注意すべきは奥にこぼすことだ。 グリーンは右奥が一番高く、手前にかけて速い。「強烈な“砲台”になっているので奥からのアプローチはピンが真ん中にあっても寄せづらい。ワンクッションを使っても、ダーッと2段グリーンを下っていってしまう。なんにせよ、ティショットをフェアウェイに置くことから始まるホールです」